新卒採用情報

佐川印刷株式会社(本社:愛媛県松山市)は、印刷および各種ソリューションを提案する印刷会社です。

  • 089-925-7471
  • お問い合わせ

English site

佐川印刷もシトラスリボンプロジェクトに賛同します!

生活や社会を豊かにするはず情報も、先が見えない不安の中では
人を傷つけ悲しみを広げてしまうことがあります。
新型コロナウイルスの脅威の中、差別や偏見が生まれている現実に私たちができること。
佐川印刷は「ただいま」「おかえり」のつながりを感じられるまちの一員として、
シトラスリボンプロジェクトの想いに賛同し発信していきます。

 

このプロジェクトは、甲斐 朋香 先生(松山大学法学部准教授)、
前田 眞 先生(愛媛大学社会連携推進機構教)が共同代表を務める、
チーム「ちょびっと19+」が新型コロナウイルス感染症患者や医療従事者らへの差別を防ごうと
呼びかけるプロジェクトです。

 

地域のコミュニケーションパートナーを目指す弊社では、
この活動を地域の皆様に発信していくとともに、
見た方も着けた方も想いを共有できるシトラスリボンマスクでこの活動を支援いたします。

 

※「シトラスリボンマスク」売上の一部は セーブ・ザ・チルドレンに寄附をいたします。

 

シトラスリボンプロジェクトとは

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラスカラーの色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

 

シトラスリボンプロジェクトの活動内容、私たちができる取り組みについては、
公式ホームページでも発信されています。
シトラスリボンプロジェクト公式ホームページ

 

みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト。

(2020年6月23日)